五月人形

五月人形

信州の職人をはじめ、全国各地の職人と協力し細部まで丁寧に仕上げた当店こだわりの五月人形をご提供いたします。
飾る環境やお部屋の雰囲気など、お客様のご希望にあわせて雛人形の装束や絵柄などをトータルコーディネート。
端午の節句が楽しいお祝いになるようお手伝いをさせていただきます。

新着情報五月人形

五月人形作家一覧

当店がセレクトした五月人形作家や当店特注モデルの人形も多数取り揃えております。

端午の節句 五月人形
鎧 兜 子供大将 鯉のぼり 武者絵幟

端午の節句は、古くからの行事で、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、当初は毎月5日を指していましたが、午(ご)と五(ご)の音が同じことから、奈良時代ごろ5月5日に定着していきます。武家中心の江戸時代になると、邪気を避け魔物を祓う薬草とされた菖蒲(しょうぶ)の音が、尚武(=武道・武勇を重んじる)と同じため、端午の節句は「尚武の節句」として祝われるように。家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくこと、一族の繁栄を願う行事になりました。

鎧や兜を飾るのは、武家が安全を願って神社にお参りする際、鎧や兜を奉納したことに由来しています。“身体を守る”大事な道具という意味から転じ、交通事故や病気から大切な子供を守ってくれるようにという願いが込められています。鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は生命力が強く、その鯉が急流を遡り、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、子供がどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの願いが込められています。

また武者幟の起源は戦国武将の「旗指物」と言われ、それが庶民に広がったものです。室町時代末期の武家社会では端午の節句に、旗指物を虫干しをかねて飾る風習があり、端午の節句の武者幟は、庶民がその風習をまねたもの。旗指物には家紋だけが描かれていますが、武者幟には鐘馗や金太郎、武者絵などが描かれ、やはり「子供に幸せな人生を送ってほしい」との願いが込められています。初節句に飾る五月人形は、お嫁さんの実家から贈るのが普通ですが、現在は、可愛いお孫さんのために両家で折半することもあります。